Top >  保育園の種類と特徴 >  病時保育

病時保育

子供って、

しょっちゅう病気しますよね。


子供が病気のときは、子どものため、

また、他の子供にうつさないためにも、

保育園はお休みさせなければなりませんよね。


働いていると、ママ・パパがどうしても会社を休めない、

おじいちゃん・おばあちゃんも近くにいなかったり、

忙しい等の場合には、病児保育というところがあるんです。


病児保育とは、

乳幼児健康支援一時預かり事業が行なう制度なんです。


保育園、病院、診療所、乳児院に併設されている

病児保育施設が多いですが、

単独施設や保育士派遣型の病児保育もあるんですよ。


また病院併設の病児保育だったら、

開いていれば朝電話して

預かってもらえることもあります。


しかし、冬場の風邪が流行る時期は

前日でも厳しいみたいです。


でも、当日の朝キャンセルがあれば、

急に受け入れ可能の場合もあります。


また水疱瘡やインフルエンザなど隔離室が必要の場合は

さらに定員が少ないし、みなさん連続して利用するので厳しいです。


病院併設の病時保育なら

かかりつけにできるのでいいですね。


また、病気回復期の子供を

預かってくれるところもあります。


どこも事前の予約や、

医師の診断書の提出などが必要です。


まだまだ病時保育は数が少ないので、

働くママたちがもっともっと声を上げて

充実した施設を作っていただきたいですね。

         

保育園の種類と特徴

ママが働くには、子供を保育園に預けないと
働くことは難しいですよね。

そこで保育園の種類、子供が病気の時の保育、
保育料などについて記載しています。

このカテゴリ内の記事


認可保育園
無認可保育園
保育料について
夜間保育・休日保育
病時保育


産休・育児休暇について

育児に関する支援金

産後の仕事復帰

全国のマザーズハローワーク

職場での育児支援

地域での育児支援

保育園の種類と特徴

育児に困った時はどうする?

育児グッズのお役立ち情報

家事をラクにするサービス






Yahoo!ブックマークに登録