Top >  育児に関する支援金 >  育児手当金 

育児手当金 

育児手当金は、3歳未満の児童を養育する方で、

所得が児童手当の限度額未満の方に

支給される手当です。


児童手当の拡充を図るために

さまざまな条件があるようです。


その中に3種類の特例給付があります。


1、児童手当:3歳未満の児童を養育してる人(所得制限あり)


2、特例給付:1の所得制限により児童手当を受けられないサラリーマン


3、就学前給付:義務教育就学前の児童で3歳以上6歳未満が対象


公務員の場合は、勤務先から支給されるので、

勤務先に認定請求書を提出すれば良いみたいですよ。


年齢や、なるべく所得制限で受給できない人を

少なくするための条件なんです。


また、小学校卒業まで支給する自治体もあります。


子供の年齢や子供の数で支給額が違います。


大体どこの自治体も、

3人目からは月1万円というところが多いようです。


これも少子化対策でしょうね。


子供が多いとお金もかかりますが、

手当ても増えるということですね。

         

育児に関する支援金

子供が産まれると、お金がかかりますよね。
そこで、国や各自治体からお金が支給されたり
補助があったりします。

そこで給付金や補助金の事を記載しています。

このカテゴリ内の記事


育児休業給付金
育児休業者職場復帰給付金
補助金制度 
育児手当金 
乳児医療費


産休・育児休暇について

育児に関する支援金

産後の仕事復帰

全国のマザーズハローワーク

職場での育児支援

地域での育児支援

保育園の種類と特徴

育児に困った時はどうする?

育児グッズのお役立ち情報

家事をラクにするサービス






Yahoo!ブックマークに登録