Top >  保育園の種類と特徴 >  保育料について

保育料について

認可保育園の場合は、

直接保育園にお金を納めるのではありません。


保育料は自治体に納められて、そこから、

自治体の一般財政という中の、福祉予算や厚生労働省の予算から、

保育所に対しての補助金が出されるんです。


このお金で保育所は子供たちの給食を作ることが出来たり、

給料を払ったり、建物を維持しているんですよ。


保育料金は、認可保育園の場合は、

前年度の所得税や市民税の課税に応じて、

5千円から6万円くらいのようです。


兄弟がいると、下の子供の保育料が安くなったり、

特例があったりします。


無認可保育園では、

保育料はその保育園に直接収めます。


保育料は地域でまざまなようですね。


私の住んでいる地域では、

明らかに認可保育園よりは安いです。


親の所得に関係なく一律の料金のようです。


でも、都心部では、認可保育園の満額より

やや高いとも言われているようです。


無認可保育園は、料金の規定もないため、

その保育園が決めるので、

是非確認してみてくださいね。

         

保育園の種類と特徴

ママが働くには、子供を保育園に預けないと
働くことは難しいですよね。

そこで保育園の種類、子供が病気の時の保育、
保育料などについて記載しています。

このカテゴリ内の記事


認可保育園
無認可保育園
保育料について
夜間保育・休日保育
病時保育


産休・育児休暇について

育児に関する支援金

産後の仕事復帰

全国のマザーズハローワーク

職場での育児支援

地域での育児支援

保育園の種類と特徴

育児に困った時はどうする?

育児グッズのお役立ち情報

家事をラクにするサービス






Yahoo!ブックマークに登録